家をすすめる男性

注文住宅で実感できる3つのメリット

予算を立てている夫婦

マイホームの購入を検討する際にまず最初に決めなければいけないのが、注文住宅にするか、それとも建売にするかということです。もちろん、予算、時間、住宅のこだわりなどによってどちらが自分に合っているかを検討する必要があります。では、注文住宅の場合に実感できる3つのメリットとは何でしょうか。
まず最初のメリットは自分の好きな土地に建てることができるということです。建売住宅の場合には土地と住宅がセットで販売されています。そのため、土地を選ぶことはできません。しかし、注文住宅の場合には自分の土地に建てることができます。
次のメリットは何でしょうか。それは間取りです。注文住宅は自分のイメージ通りに設計をし、それを建ててくれます。ですので、住宅にこだわりがあるのであれば注文住宅にすることによって、そのこだわりを満足させてくれるはずです。しかし、建売住宅は基本間取りを自分で変更することはできません。
最後のメリットは長い目で見て満足できるという点です。価格、施工期間を比べると建売のほうがはるかに安く、早く済みます。しかし、注文住宅は自分で設計、仕様を決めることができ、自由度が高いので長い目で見たときに満足することができるのが注文住宅のメリットです。

注文住宅と建売の違い

一戸建て住宅には主に、注文住宅と建売住宅があります。一般に、コストの違いが注目されがちですが、その他にもそれぞれに特徴があるので、住まいに対する考え方や家族のニーズに合わせて選びましょう。
建売と注文住宅の違いについて:「新築の一戸建てにしよう」といろいろ考えた末にそう決めたなら、今度は建売住宅にするか注文住宅にするか、という選択があります。長く暮らす家ですから、慎重に考えてから決めたいものですね。建売住宅は販売会社から土地と建物を一括購入するものです。すでに実物が建っているケースと、建物は未完成で設計プランだけができている段階のものがあります。まだ実物が建っていないものでも、建築確認申請済なので、基本的にはプラン通りに建てることになります。
一方、注文住宅は建築事務所やハウスメーカーなどに設計を依頼して、工務店などの施工会社に家を建ててもらうものです。施工会社とは建築請負契約を結びます。土地を持っていない時には、先に土地を買っておく必要があります。
もう一つ、建売住宅と注文住宅の中間的なものに、「建築条件付き土地」と呼ばれるものがあります。これは土地の売主が「○○社(施工会社)と指定した期間内に建築請負契約を結んで下さい」という条件を付けているものです。設計の自由度は物件ごとに違い、注文住宅のように自由度の高いものもあれば、あらかじめ決まっているプランから選ぶだけ、というものもあります。

最近は注文住宅も身近に

■今は注文住宅=高い、とは限らない:注文住宅と聞くと、間取りから建材まで拘って造った家という感じを受けますね。でも今の注文住宅は、間取りだけ自分達で自由に決められるけれど、壁紙や床材、キッチンの色等は決まった仕様の中から選ぶ、というタイプがあります。
現在、建て売りを見ていた人が、間取り等の理由で注文住宅に変えることもままあります。それでも、最初から建築会社の方から幾つかの家のタイプが載っているカタログを見せられ、その中から自分達の予算で建てられる物を選ぶことになります。
■間取りは自由・内装は制限有り:この場合、間取りはあくまで自由です。しかし、キッチン、バスなどは数種類の中から選ぶ形ですし、壁紙、床材も「このカタログの中から」と建築会社の方から指定された物の中から選ぶ形になります。ですから、ピンクの花柄の壁紙を貼りたいと思っても、カタログの中に無ければ、それは叶わないということです。
■優先順位を付けて間取りを決める:家族各人の部屋はとも角、例えばLDKには出窓を作りたいとか、2階にも洗面所が欲しいといった希望が色々あると思います。それに対しては優先順位を家族で決め、予算に応じて優先順位の低い物から削るようになります。
又、注文住宅の場合外構が別料金になるので、その分は20~30万円は取っておくか、最近は塀を作らない家も多いので、植木などで囲っても良いでしょう。

ピックアップ

スーツ姿の男性

注文住宅選びは自分だけのリクエストが鍵

日本国内で注文住宅を住宅メーカーを通して注文する場合には、自分がどのような注文住宅が欲しいのか、そして注文住宅を建てた後に実際にどのよ…

詳細を読む
紙の家

注文住宅では金額を確認することが大切

注文住宅を発注する場合に重要なことは、仕様をはっきりとさせ、それぞれの項目がいくらなのかしっかり確認できる見積書を用意してもらうことが…

詳細を読む