家をすすめる男性

憧れの一戸建ては注文住宅か建売住宅か

大きな家

殆どの人にとって、家を買う事が人生において最も大きな買い物であるかもしれません。ですから、そう何度も家を買う人はいないでしょう。一度、多くても二度あるかないかではないでしょうか。家は思い付きで買うものではありませんから、こんな間取りがいいとか、こんな庭にしようとか、いろいろな思いを巡らせるものです。そんな自分の夢見た家を再現しようとする場合、注文住宅を建てる事になります。
しかし、もちろん注文住宅と建売住宅を比べた場合、注文住宅の方が高くなってしまう場合もあります。自分が漠然と「こうしたい」と思っている事が、技術的に難しいものだったり、あるいは専門的な知識がないままに要望だけを伝えていくと、いざ見積もりしてみるとそれが高いのか安いのか、わからなくなってしまう事もあります。
住宅に関して全く知識がない、という場合、許容範囲内の建売住宅が見つかればそれでもいいのではないかと思います。値段は安めに抑えられますし、細かくプランを決める必要もありません。また、家電一式プレゼントという会社もあります。
しかし、一生に一度の買い物を妥協したくないという事であれば、自分も住宅について勉強する事は必要でしょう。基礎知識がなくては、いざ現場が始まった時に質問する事もできません。注文住宅を建てた経験のある人に話を聞き、業者選びから慎重に行うべきでしょう。

ピックアップ

スーツ姿の男性

注文住宅選びは自分だけのリクエストが鍵

日本国内で注文住宅を住宅メーカーを通して注文する場合には、自分がどのような注文住宅が欲しいのか、そして注文住宅を建てた後に実際にどのよ…

詳細を読む
紙の家

注文住宅では金額を確認することが大切

注文住宅を発注する場合に重要なことは、仕様をはっきりとさせ、それぞれの項目がいくらなのかしっかり確認できる見積書を用意してもらうことが…

詳細を読む